空き状況
空き状況 メニュー

液化石油ガス設備士

液化石油ガス設備士

分野:工業・化学・技術・防災

資格区分

国家資格

問い合わせ先

熊本県液化石油ガス設備士試験事務所((一社)熊本県LPガス協会内 )
電話番号:096-381-3131
http://www.kumalpg.or.jp/((一社)熊本県LPガス協会ホームページ)

概要

一般住宅の液化石油ガス設備工事を行うことができます。
1. 硬質管の寸法取り又はねじ切りの作業 
2. 硬質管相互を接続する作業  
3. 気化装置等と硬質管を接続する作業
4. 地盤面下に埋設する硬質管に腐しょく防止措置を講ずる作業
5. 気密試験の作業                    

取得方法

液化石油ガス設備士試験に合格後、受験地の都道府県知事へ申請し、液化石油ガス設備士免状を受けることができます。 
【試験以外の取得方法】
1. 高圧ガス保安協会、経済産業大臣が指定する養成施設において、液化石油ガス設備士となるのに必要な知識及び技能に関する講習の課程終了後、居住地の都道府県知事へ申請し、液化石油ガス設備士免状の交付を受けることができます。
2. 都道府県知事が認定した者であり、当該認定を行った都道府県知事へ申請し、液化石油ガス設備士免状の交付を受けることができます。
※免状交付事務は、(一社)高圧ガス保安協会で行っています。

受験資格

年齢、学歴に関係なくどなたでも受験できます。

試験(講習)科目・内容

筆記試験 法令、配管理論等
技術試験 (配管用材料及び工具の使用等)
※筆記試験については免除あり

願書提出時期(期間)

郵便又はインターネットによる受付
※郵便は消印有効、インターネットは初日午前10時から最終日午後5時まで受付
8月~9月

試験日(時期)

筆記試験:11月
技能試験:12月

試験地(会場)

熊本市

受験手続き

(一社)日本高圧ガス保安協会ホームページでご確認下さい。
 http://www.khk.or.jp 

県所管課

熊本県総務部市町村・税務局消防保安課保安班
電話番号:096-333-2117

その他

免状交付については、(一社)高圧ガス保安協会ホームページでご確認ください。
http://www.khk.or.jp