熊本の女性のチャレンジ事例集
 
地域づくりにチャレンジ
池田 春香 さん
小川 留里 さん
奥川 光子 さん
小谷 つゆみ さん
須賀 とよ子 さん
中村 勝子 さん
冨士田 シゲ子 さん
堀口 佳寿代 さん
本田 節 さん
松島 眞智子 さん

 
地域づくり
本田節さん
「ひまわり亭」オーナー

●建物は昔の豪農のお屋敷

 人吉市、球磨川河畔に、築120年の古民家を移築した風情あるたたずまいの農
村レストラン「ひまわり亭」があります。経営するのは、「人吉にこの女性あり」といわれる、本田節さん。国土交通省の地域振興アドバイザーであり、2期8年を務めた元市議会議員であり、「ひまわりグループ」の主宰者、そして郷土料理研究家でもある女性です。


●交流とボランティアを楽しむ

  結婚後、建築設計事務所経営の夫の仕事を手伝っていた本田さん。あるとき夫のすすめで商工会議所主催の異業種交流グループ「平成正聞之会」に参加、若い経営者や町おこしグループとの交流の楽しさに目覚めた本田さんは、自らも仲間の女性たちと「ひまわりグループ」を結成、郷土料理を勉強したり、お年寄りに弁当を宅配するボランティア活動をはじめました。そんなとき、乳がんを煩い、1年間の苦しい療養生活を強いられた本田さん、しかし、彼女はただでは起きあがりません。本田さんがつかんだもの、それは「命の大切さ」と、「人の役に立たないまま死にたくない」でした。

●ある「出会い」が人生を変えた

 1993年、本田さんは人吉市で開催された「第3回九州女性サミット」の実行
委員長を務め、市房漬で有名な湯前町下村婦人会代表・山北幸さんと出会います。山北さんはそのとき80歳。彼女の人柄に触れた本田さんは「人生観が変わった」といいます。「私もこんなすてきな歳の重ね方をしたいと思ったんです」。以来、本田さんは山北さんの講演にどこまでもついていき、自らもさまざまな町づくり活動に携わっていきます。そして1998年、「ひまわり亭」をオープンさせました。郷土の伝統的な食文化を提供し、同時に女性たちのさまざまな活動や交流の拠点ともなる場です。「安心・安全」な食材に徹底的にこだわるのは命の大切さを実感した本田さんならでは。15名の女性スタッフのうち10名が60歳以上です。「お年寄りの経験や知恵、技はかけがえのないもの。それに敬意を表し生き甲斐を提供するのが私の役目です」。「起業」とは業を起こすのでなく、それによって自分も地域も起こされなければならない、そんな本田さんの持論がみごとに体現された「ひまわり亭」。視察や交流の客など年間5万人が全国から訪れ、いつもにぎわいを見せています。

異業種交流グループ「平成正聞之会」に参加。1989年「ひまわりグループ」を結成。

1993年「第3回九州女性サミット」の実行委員長を務め、山北幸さんと出会う。

1995〜2003年人吉市議会議員。1998年農村レストラン「ひまわり亭」オープン。

ひまわり亭
人吉市矢黒町1880-2
TEL:0966-22-1044