ホーム > 企業の方へ提案する

経営戦略でもありますよ?

女性が日本を救う?

労働力人口が減少している現在、女性を始めとする多様な人材を活用することが是非必要です。また、企業活動の中で、女性がその能力を発揮することができれば、多様化する消費者ニーズに対応でき、企業活動の活性化につながることも期待されます。
IMF(国際通貨基金)のラガルト理事は「働く女性を増やせば、日本経済がよくなる」と指摘されています。
女性が経済活動に参画し、日本経済の活性化に貢献できるよう、男女共同参画の視点で取り組んでいくことが大切です。

【関連サイト】
ポジティブアクション(内閣府HP)
若者・女性活躍推進フォーラム(内閣府HP)

仕事と家庭の両立について

女性と男性が、協力しながら、仕事と家庭を両立していくためには、長時間労働の見直しや、短時間勤務等の多様な働き方の提案など、社会的な理解が必要です。また、こうした取組を進めることで、企業や、経済社会の活性化、ひいては個人生活の充実を実現することができます。

ひとつ「働き方」を変えてみよう!(内閣府HP)

優良事業者紹介

熊本県では、男女共同参画に積極的に取り組む事業者の方を、毎年表彰しています。
平成28年度の受賞者は次の方々です。

一覧はこちら

また、これまで受賞された方々の主な取り組みをご紹介します。

『KAWARU』(カワル)〜男女共同参画推進優良事業者紹介ガイドブック〜

子育て支援

企業参加型子育て支援事業(内閣府HP)

上に戻る