ホーム > 女性の悩みを解決する

悩み事は何ですか?

身近な人から受ける暴力

「配偶者や恋人など親密な関係になる(又はあった)者から振るわれる暴力」のことをDV(ドメスティック・バイオレンス)といいます。
暴力というと殴ったり、蹴ったりという身体的な者をイメージしますが、「相手を馬鹿にする・無視する」「行動を規制する」「外出を制限する」「生活費を渡さない」など、心を傷つけたり、生活する上で有害な影響が及ぼされるようなことがあれば、もちろんそれも「暴力」です。

関係法令はこちらから

【相談できるところ】
 ○熊本県女性総合相談室
 ○熊本県女性相談センター
 ○くまもと犯罪支援者支援センター
 ○ウィメンズ・ホットライン(無料電話相談)
 ○こころのサポートセンター・ウィズ(無料電話相談)
 ○熊本県警察本部警察安全相談室          相談窓口一覧

 

子育て

子どもたちが健やかに成長するためには、児童虐待の防止・防犯や安全対策を強化するとともに、家庭の経済状況や子どもの障害の有無に関わらず、親子が安心して生活することが必要です。
「子どもについて相談したい」、「子育てに不安がある」「子育てサービスを利用したい」等の悩みについては、担当の窓口にご相談下さい。

少子化対策についてはこちらから

【相談できるところ】
 ○熊本県女性総合相談室
 ○熊本県女性総合センター
 ○熊本県中央児童相談所
 ○市町村の担当課
 ○最寄りの県福祉事務所又は市福祉事務所
 ○地域子育て支援センター          相談窓口一覧 

介護

男女を問わず、家庭で介護する方の負担を軽減するとともに、高齢者自身が安心して生活できるようにするためには、高齢者の自立を支援するとともに、質のよい介護サービスを提供していく必要があります。
「仕事があるので、家庭で介護する時間がとれない」、「介護サービスを利用したい」「生活習慣病や、介護予防について知りたい」「認知症について知りたい」等については、担当の窓口にご相談下さい

介護・高齢者福祉の情報はこちらから

【相談できるところ】
 ○熊本県女性総合相談室
 ○認知症ホットコール
 ○地域包括支援センター
 ○在宅介護支援センター            相談窓口一覧

就業

就業は生活の経済的基盤であり、また、働くことは自己実現にもつながります。働きたい人が性別に関わりなくその能力を十分に発揮できる社会をつくることは、経済の活性化にとっても重要なことです。
「家庭の都合で退職したが、また働きたい」「子育てしながら、仕事も続けたい」「新しい事業を始めたい」あるいは「女性だから雇ってもらえない」「残業手当が付かない」等について、担当の窓口でご相談下さい。

就業・雇用についての情報はこちらから

【相談できるところ】
 ○熊本県女性総合相談室
 ○ハローワーク熊本
 ○ハローワーク熊本マザーズコーナー
 ○キャリアアップハローワーク熊本
 ○熊本労働局              相談窓口一覧

こころ・健康

男女が互いの心身及びその健康について、正確な知識・情報を入手することは、相手の人権を尊重しつつ、相手に対する思いやりを持って生きるために大変重要です。
特に女性は、避妊、妊娠、不妊、性感染症、婦人科疾患、更年期障害等、生涯を通して、心身の健康に気をつける必要があります。「体調がすぐれない」「食欲がない」「最近眠れない」「いつも不安を感じている」等について、相談窓口や医療機関等へご相談下さい。

【相談できるところ】
 ○熊本県女性総合相談室
 ○熊本県精神保健福祉センター
 ○こころの健康相談
 ○熊本いのちの電話
 ○熊本こころの電話           相談窓口一覧

法律相談

「夫が離婚に応じてくれない」「夫に多額の借金があることが判明した」「相続でもめている」等々、解決のためには法律の知識が必要なトラブルも多々あります。
法律相談の窓口を適宜利用して、賢く解決を図りましょう。

パレアの無料法律相談はこちらから

【相談できるところ】
 ○熊本県女性総合相談室
 ○法テラス
 ○熊本県弁護士会            相談窓口一覧

上に戻る